Trip Advisor オススメブログ
トリップアドバイザー
ラトビアの観光・ホテル口コミ情報
プロフィール

旅人A

Author:旅人A
はじめまして。
黄緑色の旅人です。

趣味は世界のマクドナルド巡りとスタバのタンブラー・マグカップ集めです(・∀・∩)


■これまで行ったところ■

オーストラリア
ニュージーランド
タイ
台湾
韓国
フィンランド
トルコ
ポルトガル
スペイン
イギリス領ジブラルタル
モロッコ
チュニジア
エジプト
ベトナム
シンガポール
マレーシア
インドネシア
アメリカ合衆国
ボリビア
ペルー
中国
香港
マカオ
ロシア
ラトビア
イラン
UAE
ミャンマー

計28の国と地域。

アクセスカウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
Your Country
free counters
リンク
RSSリンクの表示
フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー編の記事は「ミャンマー」って10回言ってから読んでください

バンコクが心地よすぎました(っˇωˇc)=3
2014-09-14 0758 1

【出発前日のアキヤマさんのTwitter】
「ミャンマーの遺跡すっごく楽しみ!弾丸移動だけど頑張る(`・ω・´)!」


【タイに着いた日のアキヤマさんのTwitter】
「あ^~、タイ最高♡動きたくないわ^~」






( 'ㅂ'c彡☆))ㅂ')パーン

パーン( 'ㅂ((☆ミっ'ㅂ')



誰かに尻を叩かれないと行動できないアキヤマです!
このブログを書かなきゃ!って原動力だけで早朝のドンムアン空港に向かうことが出来ました。

ちなみにこの日のヤンゴン行きの飛行機は7時15分発。
大体2時間前に空港着いとけって言われるから5時15分…
バンコク市内からドンムアン空港まで一応1時間近くは余裕を持っておきたい……4時15分……
準備とか余裕を持つには………3時半起床Σ(・ω・ノ)ノ!

空港まで20分あれば到着する福岡空港が懐かしいです:;(∩´﹏`∩);:




空港まではタクシー。
3台ほど声をかけましたがみんな300バーツとしか言いません。
大人しく払いましょう(っˇωˇc)=3

そして早朝5時前のドンムアン空港がこちらです。
IMG_0727.jpg

IMG_0728.jpg

IMG_0729.jpg

活気ありすぎ!!!
5時前ですよ(;´°ω°)!?昼間の福岡空港国際線ターミナルより人多いよ!!!
ちなみに今回もエアアジアに乗るんですが、関空→バンコクに比べ荷物の重量チェックは厳しくなかったです。



眠気に負けないように本場のレッドブルを(っ 'ㅂ'c)
IMG_0733.jpg
日本で飲まれているレッドブルはオーストラリアの会社のものですが、その基となったのはタイのKrating Daengというもの。
皆さん知っていましたか(っ・ω・c)?


そして朝食
IMG_20140914_050752.jpg
鶏肉のガーリック炒めって書いてました。めっちゃ辛いよこれ。95バーツ。



結構広いドンムアン空港の端の端の端の搭乗口
IMG_20140914_054821.jpg
ヤンゴン人気無いのかな(っ´・ω・`c)?


って思ったけど結構人いました。
IMG_20140914_064357.jpg
ぱっと見で日本人がアキヤマの他に2人はいましたね!



飛行機の中で配られる税関の用紙
IMG_20140914_073252.jpg

IMG_20140914_073311.jpg

この紙に書かれているコイツかわいいな(*゚∀゚)
IMG_20140914_072032.jpg
ミャンマーいいですね!直感ですけど期待が持てます!



1時間半ほどでヤンゴンに着きました。
IMG_20140914_075326.jpg
なんかすごく素朴な空港に来ちゃったなー('ω';)

Welcomeだそうです。どうもありがと!
IMG_20140914_075344.jpg

タイとの時差は30分。
グリニッジ標準時(GTM)+6:30というなんとも中途半端な感じです。
そー言えばイランもGTM+3:30という中途半端な時間でしたね。
この辺の個性的な国はなんか似たとこがあるんですかね(っ・ω・c)?





イランと同様にミャンマーも入国にビザが必要になります。
以前は日本国内やバンコクにある大使館で事前に申請したものでないとダメだったようですが、最近ではアライバルビザの取得も可能になったようです。

そしてそしてつい最近!
2014年9月よりインターネットでビザの申請を行うことが出来るようになりました(*゚∀゚)

このビザはヤンゴンの空港からの入国に限り有効で、90日有効シングルビザ28日まで滞在できます。
料金50USD(国内の大使館で申請すると4000円、最近値上げしたそうです)
VISAかMASTERのカードで決済します。
顔写真が必要だそうですが、アキヤマは携帯で撮った写メを送って問題なく受理されました/(^o^)\

申込み後1周間ほどでビザの受領証がメールで届くので、イミグレで提示すればオッケーです。
通常のビザ、アライバルビザは紙のビザをパスポートに貼り付けますが、このビザはパスポートに何も貼り付けられません。
ミャンマー滞在時に宿でビザの番号の提示を求められますが、このシステムがあまり認知されていないようで、一度「ビザは!?」って半ギレされました。
リンク貼っておきます。

MINISTRY OF IMMIGRATION AND POPULATION

新しすぎて歩き方にも載っていない情報なので是非試されてください(っ'ヮ'c)





空港「は」近代的。
IMG_20140914_081429.jpg

ミャンマーはATM殆ど無いし、日本円の両替も厳しいからちゃんとUSD持って行きな!
って事前に聞かされていたんで、空港でUSDを両替しました。
通貨単位はチャット。10チャット≒1円くらいです。


結果から言うとATMはいろんなところにありました\( ˘ω˘ )/
地方都市に行っても銀行さえあればATMはだいたい備えてあり、VISAやMASTERでキャッシング可能です。
割とMASTERが強い印象だったけど、ヤンゴン市内に数多く存在する日本料理屋ではむしろJCBが強いんだとか。

一方、両替はUSD、ユーロ、シンガポールドルの3つが主で、日本円やタイバーツなど他の通貨はほぼ両替できません!
しかも両替は新札意外お断り!ってところも多く、意外と不便。
日本円、レートはともかく両替できない国って結構少ないから意外ですね…
100USDくらい持って行って後は銀行で適宜キャッシングでもいいのかなーって思います(´・∀・`)



空港から市街地までのタクシーの値段一覧
IMG_20140914_080926.jpg
空港の制限エリア内で受け付けているやつですね。
もし、客引きがコレより高い値段ふっかけてきたら無視していいですよ(っ'ヮ'c)
ヤンゴンのダウンタウンまでは7000チャット(700円)
逆に言うとほぼこの方法でしか市街地まで行けないんですけどね:;(∩´﹏`∩);:





さて、今回はミャンマー編の導入なのでちょっとミャンマーの予備知識を書いてみましょう◊ ( ∩ˇωˇ∩) ◊


【ミャンマーについてアキヤマが持っていた知識】
・東南アジアにある。昔の名前はビルマ
・軍事政権だった
・アウンサンスーチーさん、軟禁
・仏教の国
・。。。。。。




知識の底が浅いわ!(*ˇωˇ⊂彡☆))Д´)


ミャンマーの現在を一言で言い表すと「混沌」

1960年代以降1988年まで続いた軍事政権、一党独裁鎖政権。
それにより対外的に孤立・閉鎖的ないわゆる鎖国状態となりミャンマー国内は強力な管理体制を敷かれます。
結果として経済が疲弊し、東南アジアの中でも孤立した状態に陥ります。

まあ、政府とか軍関係者の辺りでお金が滞るという独裁政権あるあるな事情もあったみたいですけどね(´・∀・`)

1988年に反政府クーデターが起き、一党政権は終わります。
この時期に民主化の実現をしようとしてイギリスから帰国したのがアウンサンスーチーさん。
その後行われた選挙でスーチーさんが所属するNLD(国民民主連盟)は8割の議席を獲得する圧勝を見せますが、政権は移譲されません。
日本の感覚じゃ考えられないけどこんなことが起こっちゃうんです:;(∩´﹏`∩);:

こんな事しているから1997年からは欧米の経済制裁も喰らいます。
ASEANに参加したり徐々に対外的に開かれていくミャンマー。
2008年に制定された新憲法に基づき行われた2010年の二院生の総選挙。
2011年に新大統領が選定され、軍事政権は終わり、本格的な民主化の道を歩み始めます。


( ;˘ω˘ ).。oO(何だこの国は。。。)

ってのが調べた後の素直な感想でした。
この他にも2012年まで続いた検閲、突然の首都遷都、国旗変更など国の基礎を揺るがすイベントが頻繁に起こっています。

また、ミャンマーは黄金の国と言われますが…◊ ( ∩ˇωˇ∩) ◊
IMG_0919.jpg

軍事政権になってから2度ほど廃貨、文字通りお金が紙くずになるという経験をしているので、財産は金属に変えておくという現物主義になっちゃったからなんですね( ;ㅂ;)
ちなみにその流れを受けてミャンマーには現在金属のコインがありません。
金属の貨幣があったら溶かしてしまうからだそうで(笑)


そして2012年に外資の投資拡大を狙った法律が制定され、世界中の企業が未開拓のこのミャンマーにビジネスチャンスを求めて押し寄せ始めました。
国のインフラを含めた様々なものが未開拓で、今から自らの手で全てを開拓できるし、それに対する法整備も追い付いていないとかワクワクしますね!!!
BRICsよりも投資家の注目を集めていると言っても過言じゃありません!



どうですか?ちょっとミャンマーのことに興味湧いてきませんか(・∀・)?


導入編ということでビザ情報やミャンマーのお国事情を長々と書いてみましたが、次回からは普通の旅日記です◊ ( ∩ˇωˇ∩) ◊





i'm lovin' your click
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


今日も読んでくれてチェーズーベ(´∀`人)
Twitterではリアルタイム速報中 @Hulk0728
スポンサーサイト

テーマ:格安旅行
ジャンル:旅行

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。